くまにちプラネット 会員規約

第一条 通則

1項.規約

当規約は株式会社熊本日日新聞社(以下「当社」)が運営する、スマートフォン、タブレット、パソコン向けの熊本日日新聞の定期購読者用インターネットサービス、「くまにちプラネット」(以下当サービス)の利用について、利用者と当社との関係を規定するものです。

2項.諸規定

個別のサービスに設けることがある各種ガイドラインや注意事項などの規定は、この規約の一部を構成するものです。

3項.規約・諸規定の変更と告知等

当社は当規約および諸規定を変更することができるものとします。この場合、当サービス上もしくは当社が適当と認める方法で会員に通知します。また、当サービスの画面を利用した場合は掲示した時点で会員に到達・告知したものとし、電子メールで行う場合も会員の登録した電子メールに当社が発信した時点で告知し、同意を得たものとします。


第二条 会員・利用者

1項.規約

当サービスは「登録された利用者」(以下会員)に対して行うことを基本とし、熊本日日新聞の定期購読を条件とします。

2項.利用者定義

当サービスを利用する会員のほか、個人、団体、法人らのアクセスする側を指します。

3項.会員定義

熊本日日新聞の定期購読契約者で、当サービスを利用するため、この規約を承諾の上、所定の登録手続きをし、当社もしくは熊本日日新聞を扱う販売センター(以下熊日販売センター)が定期購読確認できた個人とします。行政機関、学校、企業などの団体・法人は対象外とします。

※例外規定(家族会員)
ただし、上記の購読契約者と生計を一にし、同居する4人までは購読契約者と同等の会員権利を有します。

4項.登録等の義務

会員は正確な内容を登録し、内容に変更が生じた場合は、すみやかに当社の所定の方法で変更しなければなりません。会員の意思に反して情報が第三者にわたったり、知られたりした場合なども、ただちに当社に届けるものとします。

5項.認証

会員は自己のメールアドレスや認証コードを適切に管理することを当サービス認証、利用上の義務とします。会員自身でない当サービスの利用があったとしても、すべて会員自身のものであるとみなします。

6項.サービス利用の拒否

上記の登録の内容に虚偽があった場合や規約に違反した場合、当社が会員・利用者として不適当と判断した場合は、利用をお断りします。また会員登録を取り消したり退会いただくことがあります。具体的には規約違反や虚偽の届け出、当社への債務履行の遅延または不履行、会員資格を取り消されている状態、当サービスおよび当社のサービスの妨害、会員との連絡ができない場合などです。当社が不適当と判断した場合も利用をお断りできることとします。

7項.登録・変更での責任

上記の義務を果たせずに生じた会員や利用者の不利益、もしくは利用をお断りした際の不利益はすべて会員・利用者の自己責任とします。

8項.退会

普段の退会は、会員の希望をもって当社の所定の方法で手続きをすることとします。また定期購読者が新聞購読の契約を停止する場合、家族会員も退会いただきます。


第三条 サービス

1項.範囲

当社は、当サービスでサービス可能であると判断したサービスを、会員に対し無料もしくは有料で提供します。ただし、当サービスを経た当社外のサービスは除きます。当社は、会員に対してアンケートを実施する場合があります。アンケートへの回答は任意ですが、回答された場合は、当社およびアンケート依頼主がアンケートごとに特定する用途または目的に、その回答を利用することに同意したものとみなします。

2項.変更と中断等

当サービスは会員・利用者に通知することなくサービスの一部もしくはすべてを以下の理由にて変更、追加、中断することがあります。利用者・会員はこのことを承諾いただいたものとします。定期的もしくは緊急時の保守・点検時をはじめ、災害や戦争などサービスを提供・継続することが困難な時、そのほか当社が合理的理由によりサービスを変更もしくは中断等することが適当と判断した場合です。

3項.終了

当社は一定期間、事前に通知したうえで、会員・利用者の了承なしに当サービスを終了することがあります。

4項.制限

当社は会員に対し以下の場合、サービスの一部もしくはすべての提供を中止することがあります。(1)会員が利用規約等に違反した場合(2)会員と連絡がとれない場合(3)その他当社が緊急性が高いと判断した場合。

5項.情報等削除

当社は会員・利用者に通知することなく、保守・運営上の理由や当規約の違反などに該当すると当社が判断した場合、一定期間経過した場合など、理由を開示することなく会員・利用者が発信、提供した情報・データ等を削除することがあります。

6項.設備

会員・利用者は当サービスの利用に必要なインターネット接続環境や機器について自己の負担と責任で用意することとします。当サービス利用に必要な機器以外のものを使用した場合、サービスが限定されることもあります。


第四条 会員・利用者の義務

1項.自己責任

当サービスは自己の責任と負担において利用するものとします。会員・利用者には、利用を通じてなされた行為と結果について一切の責任があり、利用によって当社や第三者に損害を与えた場合は自己の責任と費用をもって処理、解決するものとします。

2項.禁止事項

以下について禁止事項とします。

  1. 当社もしくは他者の財産や知的財産権(著作権、商標権等)、プライバシーもしくは肖像権を侵害、侵害する恐れのある行為。
  2. 当社や他者を差別、もしくは誹謗中傷し、または名誉や信用を損なう行為。
  3. 方法のいかんを問わず、他の会員、利用者の、本サービス利用や、当社の当サービス運営を妨げる行為。
  4. 虚偽情報を故意に送信する行為、風説の流布とみなされる行為。
  5. 他害の恐れのあるものや自己を誇示・主張するなどの同一情報を意図的に多数送信する行為(当社が認めたものを除く)。
  6. 公序良俗に反する行為、もしくは反する恐れのある行為。公序良俗に反する情報を他者に提供する行為。
  7. わいせつ、児童ポルノ、児童虐待に相当する情報の送信、または表示、これらへの誘導を含む行為。
  8. 未成年者に有害と認められる情報を送信、表示する行為、これらを収録した媒体を販売する行為。これらに関する広告などで誘導する行為。
  9. わいせつな行為を目的とした出会い等に誘導する行為。
  10. 性風俗の宣伝、営業活動。
  11. 商業目的の行為(当社が認めたものを除く)。
  12. 無限連鎖講(ねずみ講)に関する行為。
  13. コンピューターウイルス等の有害なプログラムを使用、もしくは他者が受信可能な状態にする行為。その準備行為。
  14. 詐欺その他の不法行為、他者になりすます行為。他者と提携・協力関係にあると偽る行為。
  15. 選挙運動(類似する行為や事前運動を含む)に該当する行為。公職選挙法に抵触する行為。
  16. 上記各号のほか、法令や当規約に違反する行為。
  17. 上記各号のいずれかに該当する行為(他者が行っている場合を含む)が見られる情報等へ誘導する行為。
  18. その他、当社が不適切と判断する行為。

第五条 著作権

1項.保護

当サービスで提供される情報の著作権は、その提供者もしくは提供するにあたって許諾を得た人や団体に帰属します。著作権者の許諾を得ずに著作権法上で定める私的利用の範囲を超えて利用できません。
当社が配信する情報のすべての著作権(編集著作権を含む)は、当社またはその情報提供者に帰属し、当社に無断で転載、複写、蓄積、転送などは一切できないものとします。


第六条 料金

1項.有料サービスの利用

当社は当サービスの中で会員に対し有料で情報等のデータなどを提供、受け入れるサービスを行うことがあります。

2項.支払い

有料サービスでは、当社が明示する料金の支払いが必要です。当社が個別サービスに料金設定した場合を含みます。支払いはサービスごとに指定する方法に従うものとします。

3項.決済と収納代行

当サービスにおいて会員が有料サービスを利用した際の支払いは、指定するクレジットカードで代金決済します。また、当社と会員の合意のもと、当社が指定する熊日販売センターが直接、情報料等の金銭を収納代行することがあります。収納代行等のために利用者情報を共有します。


第七条 免責

1項.信頼性

当社または当社の提携先、および利用者等が当サービスに提供したデータや写真などすべての情報の信用性や信頼性、有用性や正当性等に関し当社は一切の責任を免れるものとし、当社がそれらの情報等について検証する義務を負いません。

2項.損害賠償

当サービスの利用により発生した利用者の損害や、利用者が第三者に与えた損害について、当該者が故意か過失等を問わず、当社は何ら責任を負いません。第三者による利用者への損害についても同様とします。さらに、当サービスが提供できなかったサービスによる損害やその他の影響についても責任を負いません。

3項.保証・保全

当社は当サービスおよび利用者が提供した各種サービスの内容等について、保証したり保全したりするものではありません。さらには当サービスが承諾していない不正情報等を改正できない場合や、その情報等を削除した場合も何ら責任を負いません。


第八条 個人情報保護

1項.方針

個人情報の保護に関する法律は、憲法で保障された表現の自由に絡み、個人情報を取り扱う目的の全部または一部について報道機関が報道の用に供する目的の場合、個人情報取扱事業者の義務規定の対象から外しています。当社は、「知る権利」にこたえるため報道の自由や表現の自由を守りながら、これまで通り個人の活動を尊重してきた報道機関として自主的に、適切な取り扱いをするよう努めます。報道、著述目的で得た個人情報の使用においても、人権を配慮し名誉やプライバシーを不当に侵害せず、差別や偏見を排除、助長しないように努めます。

2項.収集等

当社は当サービスおよび当社の事業全般を提供するために必要な利用者の個人情報を収集します。この場合、暗号化通信される機器を利用し保護に努めます。当サービスの会員を含む利用者の個人情報は、当社の「個人情報保護に関する管理規定」などに基づき適切に管理します。
当社は、当サービスおよび当社事業全般を提供するために当社グループ会社や当社指定の熊日販売センターとの間で個人データを共同利用します。また、当サービスに追加するサービス、会員向けプレゼント等で必要な個人情報は、サービスを実施するために連携する事業者と必要最小限の情報を共有することがあります。

3項.削除

当社は、会員が退会もしくはその他の理由で利用できなくなった場合、当該者の個人認証情報を運営用の会員から削除します。ただし当会の運営、サービス向上のために13カ月保持します。

4項.開示と対応

個人情報についての対応窓口を整え対応します。開示要請については個人情報保護法に則って対応します。その場合は本人もしくは正当な代理人であることが必要です。開示にかかわる費用および事務手数料を徴収します。現金もしくはカードで支払っていただきます。


第九条 専属的合意管轄裁判所

1項.準拠法と管轄

本規約は日本法に準拠します。利用者と当社との紛争については熊本地方裁判所および熊本簡易裁判所のみを専属的合意管轄裁判所とします。

附則
この利用規約は2014年1月20日より実施します